クイズ世界はミーバイミーバイ
しんごとゆりの世界旅行。2007年7月31日から2008年12月半ばまでの旅の記録。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海・恋・ウノ・太もも
今いるとこはエジプトはダハブ。「世界一美しい海」と定評のある紅海沿いのリゾートだ。何かタイのリゾート地みたいで(行ってないけど)、若いバックパッカーがあちこちでまったり。
今回の旅ではほとんどリゾート地に来てないので僕らもテンションが上がる上がる。さっそく海パンとシュノーケルを購入したよ。あとダハブTシャツも。完全に浮かれてるよ。いやあ、やっぱ海だよなあ。海はええなあ。

そんなわけでフィンを借りてさっそくシュノーケリングをしたんだけど、さすがにきれい。海が青い!お魚さんも大きいのから小さいのまでカラフルなやつがスイスイとスイミング。珊瑚のまわりにはめちゃたくさんいたあるよ。
ひと泳ぎした後はやっぱりビール。水着ギャルを見ながら昼間からビールさ。う~ん、最高。レストランで流れているジャック・ジョンソンも気持ちいい。あー、脳みそがとろける。
宿の目の前が海だから、毎日海入って、ビール飲んで、昼寝して、ビール飲んで、ビール飲んで、ウノしてビール、太鼓たたいてビール、ウクレレ弾いてビール。正しいリゾートライフをおくってるよ。

まったりリゾートしてる間に、いくつかの恋も生まれた。
ここ1ヶ月くらい一緒に旅してるカズさんは、エジプトに来るとき一緒になった中国系シンガポール人のアイリーンといい感じに。2人ともダイビングのライセンスを持っているので、毎日のようにキャッキャ言いながら水中デート。何か日に日に二人の空気が恋人のそれのようになっていってる。ええなあ。やっぱ英語とダイビングライセンスは必要だと強く実感。
まあ、そういうわけなので、カズさんはだんだん僕らと遊んでくれなくなり、残された僕らは「さびしいですなあ」と夕焼け空を見つめているのだった。結局カズさんはアイリーンに合わせてカイロに向かうことになり、僕らとはここダハブでお別れ。1ヶ月一緒にいたのに、数日のアイリーンに負けたわけだ。まあ、気持ちはわかるが。
僕はこのカズさんの裏切りともとれる行動にある1つの決心をした。語学留学をして英語をマスターして、外国人の彼女をゲットするんだ。ついでに、ダイビングのライセンスも取るのだ。

もうひとつの恋は、嫁入り前のナガタさん。仲良くなった韓国人のハンさん22歳学生にラブレターをもらっていた。内容はこんな感じ。
「私と一緒にシワ(オアシスの町)に行きましょう。
 私は先にカイロに行って、あなたが来るのを待ってます。
 あっ今日のお昼を一緒に食べましょう。
 1時に橋の上で待ってます」
これを、日本語が少しできるコリアの女の子に手伝ってもらって日本語で書いてたからね。本気か?一応2人でごはん食べたようだけど、やっぱりシワ行きはかるーく断ったそうな。僕らは「行ったらいいじゃん」って勧めたんだけどね。
そんなわけで、ハンさんはダハブを去っていったんだけど、それから3日後にまたラブレターが届いた。ハンさんの友達のチェイソンがカイロからわざわざラブレターを持ってきてくれたのだ。内容はこんな感じ。
「22日に僕は韓国へ帰ります。
 それまでにカイロに来てください。
 あなたにもう1度会いたいから。
 待ってます。」

「これはもう本気かな」と僕らは言ってたんだけど、ナガタさん本人は「えっギャグでしょ、ギャグ」とあっさり。そういうわけで22日までのカイロ行きは微妙なのだった。僕がもっかいハンさんに会いたいけどね。いいやつなんだ。でも結婚前なんだとは言えないね。

みんなが恋している間、僕自身も一緒にウノをして遊んだボインのフランス人のガブリエル18歳に恋をしたんだけど、すぐそばで強そうな彼氏が目を光らせていて、まったくおっぱいをチラ見する隙も与えてくれなかった。やれやれ。仕方ないので、ウノで彼氏に反撃しておいたよ。ドロフォー、早だしドボン!

そんなわけで、なかなか外国人の彼女ができないので、とりあえずカズさんを見習い、僕もダイビングのライセンスを取ることにした。これで南の海の中を美女と泳ぎ、2人は恋に落ちるのだ。
ダハブは世界で2番目に安くダイビングのライセンスが取れるみたいで(ちなみに最安は南アフリカで、2番目はいくつかあるらしい)、オープンウォーターとさらに上級のアドバンスの両方のライセンスで、400ドル。講習期間は5日間。
しかもインストラクターは美人の日本人女性25歳。体力的にきついインストラクターを仕事に選ぶだけあって、なかなか気が強い感じで、ちょっと怠けてると「はい、そこ、ぐずぐずしない!」とゲキが飛んでくる。僕は本来Sなので、あんまり叱られるのは好きじゃないけど、美人ならそれもオッケー。むしろ心地良い。
日本だと最初はプール講習から始まるみたいだけど、ここダハブでは初日からいきなり海へ。比較的浅いとこに潜り、マスクにわざと水を入れたり、マスクを外したり、レギュレーター(息吸うやつ)を外したり、BCD(タンクがついてるやつ)を外したり、重りを外したりなど(外すのばっかりだな)、いろんなスキルを学ぶのだった。たいてい1つのスキルを学ぶごとに1人ずつテストしていくんだけど、他の人がやってる間、かわいいお魚さんが泳いでたり、砂の中の生き物を食べてたりするのを観察したりして、なかなか楽しい。そして、時々頭の上を水着ギャルのあらわになった太ももが妖艶な動きをしているのをまじまじと見ることもできた。なるほど、ダイビングをするとこんないいこともあるのか。知らなかったよ。人気がでるわけである。
そんな感じで無事太ももライセンス・・・じゃなくて、オープンウォーターのライセンスを取得し、現在アドヴァンスを受講中。
海はええなあ。

IMG_1000.jpg

DSCN2112.jpg
早だし!
DSCN2122.jpg
ハンさん
IMG_0988.jpg
ジャンプ!右のおもしろ少女はコリア代表のヨンウン
DSCN2097.jpg
これダハブ巻き。女子たちはかなりはまって毎日くるくる巻いてます。


これクリックすると南京虫に噛まれるよ。




スポンサーサイト

この記事に対するコメント

ダイビングの講習中ですか~。
アドバンス込みで400$って破格。
再来月にアドバンスを取ろうか考えてるけど、
アドバンスだけで60000円也
日本は高いよ
【2008/08/21 21:31】 URL | Muto #- [ 編集]

はじめまして
はじめまして
いいブログですね^^

最近こんなシステム見つけました

【2008/08/21 23:03】 URL | りんりん #- [ 編集]

へそ出しユリさんグラビア系
ウノじゃーん!やってんじゃーん。もうだいぶやってないなぁ。俺も早だしドボンをくらわせてやりたいよ、ガブリエルに。

あ。そのダイビング免許って日本に戻っても使えるんか?それやったらいいね。俺は素もぐりで十分だと思ってたんだけど、そんなに太もも見れるなんて・・・。俺太ももには目がないんだ。これは考えを改めなくてはならんかもしれんぞ。
【2008/08/22 08:37】 URL | 歩 #- [ 編集]


むとぅへ
おっ久しぶりやん。コメントありがとう。
ってアドヴァンスだけで6万かあ。めちゃ高いね。びびった。それでもライセンス取ろうとしてるとこは、やっぱ遊びには金を惜しまないむとぅらしいよね。さすが人生を楽しむ天才。バイク乗って、スキーもやって、海に潜ったら、、後空飛んだらもう完璧やね。

歩へ
そうなんよ、そうなんよ。シュノーケリングで充分やと思ってたやん。実は講習受ける直前まで、「俺、シュノーケリングで別ええもんなあ。金もったいないなあ」と思ってたんよ。ところが、もう太ももの嵐ですよ。いや竜巻か。もう必死で足を動かしているのがたまりません。もちろん、太ももライセンスはジャパンでも有効。特に沖縄でも有効どころか合わせ技一本だよ。とっとこか、ライセンス。
【2008/08/22 23:56】 URL | しんご #- [ 編集]


とうとうエジプトまで行ったんですね!!
すごいなぁ 道のりは大変そうだけど楽しそうで本当にうらやましい・・・!ダイビングおもしろいよね、沖縄でやったとき感動したなぁ 楽しんで☆
【2008/08/26 14:18】 URL | あきこ #- [ 編集]


あきこちゃんへ
おっ久しぶり。エジプトまで来たよ。長かった。
沖縄でダイビングしたことあるんや。オレ、7年も住んでたけどないよ。ほんともっと早くやってりゃよかったと今回思ったよ。最愛の沖縄で潜ってみたいな。
【2008/08/27 01:14】 URL | しんご #- [ 編集]


まいどー!
就活ひとくぎりで覗きに参りました。
無性に旅立ちたいよ~!
ステキ毎日やなぁv-10
エジプトのラクダは皆白いのか?暑さ対策?
また覗きにきまーすv-218
【2008/08/29 12:03】 URL | あず #- [ 編集]


あずへ
おっ就職決まったんかい?おつかれさん。大阪?東京?
ラクダが白いのはね、それはね、それは、今ラクダ界では色白の方がモテるからだよ。みんな日焼けしないようにがんばってるそうだよ。ってラクダが言ってた。
【2008/08/30 21:56】 URL | しんご #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。